カアイソウ

分類:未解決事件、真相、謎

不気味な未解決事件の一つ。

1991年3月15日、三重県四日市市富田在住の加茂前芳行さんの三女・ゆきちゃん(当時8歳)が、この日の夕方、自宅から突然姿を消した。 
事件から3年後、一家に3枚からなる謎の怪文書が届く

1
謎の怪文書の一部
 
ミゆキサンにツイテ 
ミユキ カアイソウ カアイソウ 
おっカアモカアイソウ お父もカアイソウ 
コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レ トオモイマス

股ワレハ 富田デ生レテ 学こうヲデテ シュンガノオモテノハンタイノ、パーラポウ ニツトめた 
イつノ日か世帯ヲ持チ、ナンネンカシテ 裏口ニ立ツヨウニナッタ 
イま(ゑ)ハー ケータショーノチカクデ 四ツアシヲアヤツツテイル

ツギニ 
スズカケのケヲ蹴落シテ、荷の向側のトコロ 
アヤメ一ッパイノ部ヤデ コーヒーヲ飲ミナガラ、ユキチヲニギラセタ、ニギッタノハ アサヤントオもう。 
ヒル間カラ テルホニハイッテ 股を大きくワッテ 家ノ裏口ヲ忘レテ シガミツイタ。 
モウ股割レハ人ヲコえて、一匹のメスにナッテイタ。 
感激ノアマリアサヤンノイフトオリニ動いタ。ソレガ大きな事件トハシラズニ、

又カムチャッカノハクセツノ冷タサモシラズニ、ケッカハ ミユキヲハッカンジゴクニオトシタノデアル 
モウ春、三回迎エタコトニナル 
サカイノ クスリヤの居たトコロデハナイカ トオモウ

ダッタン海キョウヲ、テフがコエタ、コンナ 平和希求トハチガウ 
ミユキノハハガカ弱イハネヲバタバタ ヒラヒラ サシテ ワガ子ヲサガシテ、 
広いダッタンノ海ヲワタッテイルノデアル

股割れは平気なそぶり 
時ニハ駅のタテカンバンニ眼ヲナガス コトモアル、 
一片の良心ガアル、罪悪ヲカンズルニヂカイナイ 
ソレヲ忘レタイタメニ股を割ってクレルオスヲ探しツヅケルマイニチ

股ワレワ ダレカ、ソレハ富田デ生レタコトハマチガイナイ 
確証ヲ?ムマデ捜査機官に言フナ 
キナガニ、トオマワシニカンサツスルコト 
事件ガ大キイノデ、決シテイソグテバナイトオモウ。 
ヤツザキニモシテヤリタイ 股割レ。ダ。ミユキガカアイソウ 
我ガ股ヲ割ルトキハ命ガケ コレガ人ダ コノトキガ女ノ一番 トホトイトキダ
以上の漢字・ひらがな・カタカナの混じった文章が全文。 
改ページなどを再現すると、余計に読みづらくなるので3枚つなげた状態で記載した。 
意味不明な感じだが、40%ほどなら理解できないでもない内容である。 
また実物は非常に字が汚く、ワザと左手で書いたかのような読みづらい字となっている。 
簡単な言葉が多いが、「平和希求」だけ難しい言葉を使っている。政治や宗教関係で使いそうな言葉である。


上記怪文書の解析として、確信が持てないがある程度の予想が立つ。
ミゆキ → みゆきさん本人
股ワレ → 売春婦
アサヤン → やあさん=893 もしくは誰かのあだ名(タカヤンとかナカヤンみたいな「~ヤン」)
パーラボウ→ パーラー(パチンコ喫茶)『ボウ』?しかし現場周辺に『ボウ』という店は存在せず。
        パーラー某=某パーラー ?
ケータショー→警察署?ケータ小(学校)?
シュンガ  →春画?文章中では場所を示しているようなので、ポルノ映画館か風俗関連だろうか?
        もしくは事件のあった四日市市には「春華堂」というお菓子屋さんがある。
四ツアシ  →自動車や四足動物?もしくはこれも売春婦?
スズカケのケヲ蹴落シテ→スズカ「ケ」から「ケ」を落とす=鈴鹿
              鈴鹿市は四日市市の南隣である。
ダッタン海キョウヲ、テフがコエタ→韃靼海峡を蝶が超えた
                  【てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた】という詩がある。 
                  安西冬衛(明治31年~昭和40年)が書いた。 
                  詩そのものの解釈としては、か弱い蝶が海峡を越える芯の強さ、ととれる。 
                  この怪文書と後ろに続く平和希求はようわからんが・・・

この解釈も十人十色なので気になる方は各自調べられたし。 
だが、事件から25年後の現在でも、今だにゆきちゃん発見につながる有力な情報は届けられていない…


※いったいこの手紙は何なんでしょう…未解決事件の一つですがまさに不気味。検索するといろいろとこの事件について出てきます。気になった方は検索してみてください。Tsuguでした。